アドバタイジングの展開

にっぽんど真ん中祭り五十年構想 「キャッチフレーズ」

+DOMATSURI

解説

『+DOMATSURI』のキャッチフレーズは、「プラスどまつり」と読みます。
にっぽんど真ん中祭りを"生活にプラスする"、"人生にプラスする"という意味を込めました。
町をつくる、人をつくる、 「DOMATSURI」でありたいと願っています。

五十年構想 「ロゴ」

町を造る 人を創る。 +DOMATSURI にっぽんど真ん中祭り五十年構想

解説

まちが舞台であるこの祭り。本祭では、各商店街や地域が連携して各地域会場の主催となる。名古屋市中区久屋大通公園のメイン会場を中心として、第5回時には市内15会場設けられ、街から湧き出る音と色のおもてなしで祭りを活気付けた。本祭当日、名古屋の街を祭りのテーマカラーで染め上げる。カラーの意味は、赤=活性:「人の活性」「地域の活性」、橙=創造:「文化の継承」「新文化の創造」、白=無限大:「自分の地域の魅力」の3色で構成する。

このページの先頭へ