趣旨説明

なぜ五十年なのか?

五十年構想

高知、よさこい祭りは2003年夏に50回目を迎えた。50年の歴史。昭和29年に当時の不況を吹き飛ばそうと始まったよさこい祭りは、戦後の日本の復興と期待が入り交じり、人や地域の活性化の材料となり、よさこい鳴子踊りの歴史を塗り替えてきた。現在では、札幌で開催されるYOSAKOIソーラン祭りに代表されるように全国中に鳴子が響いている。

50年と打ち出したのは、この祭りが50年で幕を閉じる意味ではない。よさこい祭りを通してのまちの歴史が新たにつくられ、人の生活が大いに活性化されてきた。祭りでまちが動き出したのである。年に一度の祭りが生活を変え、人の生き甲斐となる。人生までも動かしてしまうのだ。

99年夏、"にっぽんど真ん中祭り"(略称「どまつり」)が生まれた。学生や市民たちの自発的な発想と行動から生まれたこの祭りは、2008年で10回目の歴史を刻んだ。21世紀社会への挑戦と地元からの期待を胸に、この祭りの歴史は始まったばかり。よき手本を目の前に、50年で歴史を積み重ね、人の生活文化を豊かにしようとする取り組みなのである。

祭りの基本構想

にっぽんど真ん中祭りは「人と地域の活性化」「文化の継承と創造」という目指す姿があり、「市民が共につくる祭り」「観客動員ゼロ=全員参加型」をコンセプトにして、祭りを創り上げている。当財団は祭りの発展・振興に寄与し、人類の健康で豊な文化生活の向上に寄与することを目的としている。そして、名古屋を中心とした地域の祭りから、やがては日本を代表する世界の祭りに成長させたいと願っている。

にっぽんど真ん中祭りは、地域文化の重要性や人のネットワークの意義を唱えることにより、各チームやその地域社会との協力体制を構築し、「地域に根差したチームづくり」を進めながら、文化の継承と創造を推進し、人と地域を活性化できる環境の充実に取り組んでいきたいと考えている。

このページの先頭へ