どまつりアイテム

音楽

曲の中に地元の民謡の一節を取り入れること以外は、どんな曲で踊ろうとまったく自由。音楽好きな素人たちが自前で作ってしまったり、プロのミュージシャンやアレンジャーの人に頼んだりして作ります。地元っ子として慣れ親しんだ民謡のフレーズを取り上げながら、それをヒップホップやジャズなどにさまざまにアレンジ。ノリのいいビートでどまつりを盛り上げます。

衣装

チームのコンセプトを見る人にアピールできる衣装、インパクトがあって踊りやすい衣装・・・。各チームとも創意工夫を重ねて衣装を作ります。
音楽や踊りに合わせて、色とりどり、形もさまざま。ハッピや着物をアレンジしたものから、近代的なメタリック調まで、見る人の目を楽しませてくれます。

メイク

メイクは、ドーランやペイントでひと工夫。
キリリと引き締まった表情で、自信と笑顔にあふれる踊りを披露します。

振り付け

音楽とともに、各チームが練りに練って工夫するのが「振りつけ」。鮮やかな身のこなしや、静と動の絶妙のバランスは、見る人の目を釘付けにします。
一つのテーマを表現していたり、物語になっていたり、地元の踊りの振りつけを取り入れてみたり。腕のひと振り、足の一歩にもさまざまな想いが込められています。
チーム全員何回も練習して、動きに磨きをかけます。さあ、今年はどんなすばらしい踊りが披露されるのでしょうか。

地方車(じかたしゃ)

パレードのときに音響機材を積んで、チームを先導する自動車のことで、「じかたしゃ」と呼びます。地方車から音楽が流れ出すと、さっきまで談笑していた人たちが、きりりとした踊り子に変身! 
地方車には、音楽や踊りのテーマに合わせて絵を描いたり、布を張ったり・・・。チームごとに工夫を凝らして、オリジナリティあふれる装飾を施すこともあります。どまつりの「宣伝役」として、街頭に花を添えてくれます。

このページの先頭へ