第10回どまつり合宿

合宿テーマ:どまつりにもっとワクワクを!

1.ご参加にあたって

今回で節目の第10回を迎えるどまつり合宿は『どまつりにワクワクを!』をテーマに掲げて開催します。
僕たちが参加しているどまつりはこんなにも楽しい!こんなにもワクワクできる!そんな想いがいっぱいの合宿を目指しています。
どまつりが生まれた原点となる想いから現在のどまつりを見つめ、さらに10年後のどまつりについて大いに語り合いましょう。分科会では、参加するみなさんが"ワクワクできる魅力ある合宿"を目指し、西尾張ブロックが一丸となり1から作っています。チームのスキルアップはもちろん参加チームとの交流もお楽しみに!
どまつりに関係する全てのチームの皆さんのご参加をお待ちしております。

第10回どまつり合宿in西尾張実行委員会  委員長  中山 享輔


開催日時

平成24年1月14日(土)~15日(日) 1泊2日 受付開始/11:30 開会/12:30

主催

にっぽんど真ん中祭り参加者連絡会議 ブロック長会

主管

にっぽんど真ん中祭り参加者連絡会議 西尾張ブロック
(第10回どまつり合宿in西尾張実行委員会)

協力

財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団

全体会場

イメージ

住所:愛知県江南市草井町西200番地
URL: http://suitopia.jp/

アクセス
公共交通機関をご利用の方
名鉄 江南駅下車。江南駅からタクシーで約10分。
「すいとぴあ江南」と告げてください。
車をご利用の方
名神高速道路小牧インターより約30分

スケジュール(予定)

月 日 時間 内容 場所
1月14日(土) 11:30~12:30 受付
12:30~12:40 開会式 多目的ホール
12:40~13:40 講演会(1)
13:50~14:50 講演会(2)
15:10~16:50 分科会(1) ※各自選択 各分科会会場
17:00~17:30 分科会(2) ※各分科会共通
18:00~20:00 大交流会 多目的ホール
20:00~ 移動 各宿泊施設へ移動
21:00~ 交流会 各宿泊施設
1月15日(日) 07:00~08:30 起床 朝食 各宿泊施設
08:30~09:30 移動 すいとぴあ江南へ
09:30~09:40 朝礼 多目的ホール
09:40~10:10 分科会総括
10:30~11:00 第14回どまつり参加要項(案)発表
11:00~11:15 解散

参加費

お一人 12,000円
※交流会の際にゲームを行いますので、1チームにつき1品の商品のご提供をお願いします。
※第6分科会に参加する子どもの参加費は不要です。
※子ども(小学5年生~中学3年生)の参加者には必ず引率者が必要です。(1チームにつき1名以上)
※引率者は講演会、分科会の聴講料金としてお一人、別途2,000円が必要です。

2.講演会・分科会のご案内

講演会(1)

講師:財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団 理事長 岡田 邦彦 氏
   (前 名古屋商工会議所 会頭)
演題:『どまつりに馳せる夢~どまつり未来構想~』
【プロフィール】

名古屋大学経済学部を卒業後、株式会社松坂屋へ入社、同社代表取締役社長、会長を歴任し、平成22年5月よりJ.フロントリテイリング株式会社の相談役に就任し現在に至る。平成19年より名古屋商工会議所の会頭を務め、中部経済界を牽引する存在として多くの功績を収めた。 また第5回どまつりより前身組織である組織委員会会長に就任。のち平成19年より財団法人理事長に就任。俳句や映画、ジャズと多趣味で知られており、文化や芸術分野にも熱心である 。


講演会(2)

講師:振付師 三浦 亨 氏
演題:『4分間のストーリー~三浦氏が贈るチームへの10の提言~』
【プロフィール】

舞台やテレビ番組などあらゆる振付を手掛ける日本屈指の振付師。かつての「おニャン子クラブ」をはじめ、最近ではフジテレビ系列の人気番組「めちゃ2イケてる!」のダンスの振付に至るまで数々のヒットを生み出す名プロデューサー。北海道のYOSAKOIソーラン祭りでは数々の名門チームを手掛け、またにっぽんど真ん中祭りではファイナルコンテストの審査員でもある。


分科会(1) ※分科会の内容は変更になる場合があります。

【第1分科会 地域活性化】
地域とチームが相思相愛となるためには?
講師:まちおこし高嶋屋 代表・地域資源活用プロデューサー 高嶋 舞 氏

今、チームが求められているものやその役割とは一体何でしょうか?チームと地域が相思相愛となるには、 チームから地域へのアプローチ方法が大切です!もっともっと地域から愛されるチームになるために、強力な アドバイザーをお招きして、皆さんと徹底的に学びます。

【第2分科会 演出】
あなたのチームはどのタイプ?タイプ別・チームプロデュースの極意!
講師:振付師 三浦 亨 氏

子どもを中心としたチームからファミリーチーム、少人数チームから大所帯のチームまで毎年様々なチームが参加するどまつり。そんな様々なタイプのチームの皆さんへプロの目線からアドバイス!少人数での効果的な演出とは?鳴子や小道具の魅せ方や練習方法は?今日から即チームの作品づくりに生かせること間違いなしの分科会です。

【第3分科会 審査】
どまつり未来構想!審査方法・審査基準徹底議論!!
講師:財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団 専務理事 水野 孝一 氏

どまつりは立ち上げから今に至るまで、毎年皆さんの前向きな意見を取り入れて進化しています。昨年は合宿で出たご意見をもとにステージ企画がガラッと変わりました。未来のどまつりには皆さんの前向きなご意見が必要です!今回も未来のどまつりに向け徹底的に議論します。

【第4分科会 装飾】  ※トータルカラーコーディネーターをお招きしての講座です
そのひと工夫でガラッと変わる!プロが教えるカラーマジック☆

皆さんは衣装や装飾を考えるとき「色彩」にこだわっていますか?メイクや衣装、大道具に旗。年々、どのチームも工夫の凝らした装飾で観るものを楽しませてくれます。今回はカラーコーディネーターの目線からひと手間でガラッと変わるカラーマジックを皆さんにご覧に入れます!

【第5分科会 U-40部門】
徹底議論!!どまつりのカギを握るのは「U-40」部門!

皆さんからのご希望によって昨年から新設された「U-40部門」。40人未満の小編成チームを対象に、より多くの皆さんに楽しんでいただけるように企画しました。さて、参加チームの皆さんの満足度はいかがでしたか?この分科会では「U-40部門」への皆さんの期待や想いを形にし、来年度に向け満足度の高い企画にするために徹底的に話し合います。

【第6分科会 こども分科会】
未来を担う僕たちが主役!僕たちだけのわくわくどまつり♪
ファシリテーター:名古屋市立白山中学校 校長 上井 靖 氏
※分科会の参加者は子ども(小学5年生~中学3年生)のみとさせていただきます。


どまつりの未来を担う子どもたち。この分科会はなんと、合宿始まって以来初の試みとなる子どもたちによる子どもたちの分科会です。今年で5回目となる「ジュニア大会」をテーマに、意見を引き出すプロをお招きして子ども同士の意見交換を通して「こんなどまつりにしたい!」という想いを形にするために、徹底的に話し合います。

分科会(2) ※分科会(1)の後に全分科会共通として行います

地域から愛される祭り、そして日本一マナーのいい祭りを目指して!

地域を背負って活躍される皆さんだからこそ、一人一人のマナーは多くの人から見られています。今回の分科会では実際にどまつりで起こった事例をもとにして、それぞれにふさわしい解決策を皆さんと一緒に考えます。

平成24年1月14日(土)~15日(日)
愛知県江南市/すいとぴあ江南

受付
受付/全国各地から総勢300名を超える参加者を西尾張ブロックのスタッフが暖かくお出迎え
開会式
開会式/今回の主管である西尾張ブロック 中山実行委員長よりご挨拶

講演会①
講演会①/どまつり50年構想を紐解きながら祭りのあり方やチームワークの構築方法など、多彩な知識で解り易く講演
講演会①
講演会①/『「どまつり」は「DO matsuri」。』と岡田理事長

講演会②
講演会②/振付師の三浦亨氏がチームの皆さんへ10の提言を紹介
講演会②
講演会②/プロの目線から、あっと驚く提言が飛び出す
分科会:地域活性化
分科会:地域活性化/自チームの現状をシートに書き出した後、自由に歩きまわり、他チームの現状に関して思ったことを付箋に貼りだし意見交換をおこなった
分科会:地域活性化
分科会:地域活性化/自チームの現状を記したシートに多くの意見が寄せられた



分科会:演出
分科会:演出/演舞を見た後、講師の三浦亨氏より愛のある批評を受けた
分科会:審査
分科会:審査/時間が足りなくなるほど熱い議論や提案が続いた

分科会:装飾
分科会:装飾/色鉛筆を使い、「暖かい」「希望」等の言葉を自分なりに色で表す
分科会:装飾
分科会:装飾/メイクの実演。遠くから見てもはっきりわかるようなメイクを伝授
分科会:U-40部門
分科会:U-40部門/少人数チームでもU-40部門審査の制度を活用し、参加する楽しさを共有することで今後チームの発展につなげていく方向性を確認
分科会:子ども分科会
分科会:子ども分科会/ファシリテーションの技法を使い、子どもたちもジュニア大会のあり方などを積極的に意見交換

分科会:子ども分科会
分科会:子ども分科会/たくさん書き出したものから共通のキーワードを見出す
分科会その2:マナー
分科会その2:マナー/マナー向上を目指し、全分科会共通で行われた












大交流会
大交流会/300名の大交流会がスタート!チームの情報交換や交流の輪が更に広がりました
大交流会
大交流会/さらに親睦を深めるためにゲームを開催。会場内は大盛り上がり!!
大交流会
大交流会/次回の合宿は「知多ブロック」が主管。服部西尾張ブロック長が次回への思いを込めて紹介
語らい部屋
語らい部屋/大交流会後も白熱した議論は止まらない

閉会式
閉会式/前日の分科会の総括を発表


総括
総括/財団の水野専務理事より第14回どまつり参加要項(案)の発表

お見送り
お見送り/参加された皆さん、本当にありがとうございました
西尾張ブロック
西尾張ブロックの皆さん、お疲れさまでした!ワクワクするどまつりを今後もつくれるよう、活かしていきましょう

合宿を終えて ―ごあいさつ―

ご参加いただいた皆様へ

「第10 回どまつり合宿in西尾張」に東海三県はもとより全国から総勢326名の皆様にご参加いただきました。西尾張ブロック一同心より感謝申しあげます。

講演会では、岡田理事長から子どもの参加者にもわかるように丁寧にお話をしていただき、合宿に参加していた皆さんに自信とやる気をもたらしてくださいました。
各分科会も皆さんが満足される内容だったようですが、これも参加チームのみなさんの前向きな気持ちが、充実した分科会へと導いたのだと確信しています。
交流会では 岡田理事長はじめ講師の先生方も一緒に楽しまれ、どまつりの皆さんと直接触れあい親睦を深める場となりました。

分宿の関係でご不便をおかけしたり、至らぬ点も多々あったと思いますが、皆さんの会話の一つ一つに思いやりが感じられ、感謝の気持ちでいっぱいです。
開催にあたりご協力並びにご尽力いただきました皆様に、心より御礼を申しあげます。

最高の仲間たちとこれからもどまつりを続けていきたいと思った合宿でした。
これからも皆さんで仲間を増やし、日本一のまつりにしていきましょう!

平成24年1月吉日
参加者連絡会議ブロック長会
西尾張ブロック長 服部 みどり

このページの先頭へ