第8回どまつり合宿

合宿テーマ:踊りが好き 仲間が好き 地域が好き!

1.ご参加にあたって

皆様、第11回にっぽんど真ん中祭りへの参加お疲れ様でした。
年月を重ねるたびに「どまつり」も進化し大きなお祭りになって参りました。
また、それと同時にいろんな問題も生じております。
今回第8回「どまつり合宿in東三河」において合宿テーマであります「踊りが好き 仲間が好き 地域が好き」
を通し問題の解決の一助になれば幸いと存じます。
好きな踊りが、 「どまつり」がもっと楽しく素晴らしくなるように、マナーや 企画、審査、演出、健康管理等について話し合える充実した分科会を開催します。さらに、「どまつり」の「ど」は土の「ど」 地域、地元とは切っても切れない「どまつり」の地域性「どまつり」の原点も皆様と考えていきていと思います。
また、好きな仲間達と友好を分かちあえる大懇親会、泊まりならではの夜を徹して話し合える語らい部屋など、どれもこれも合宿ならではの企画です。
この「どまつり合宿」を通じ皆様の意見で、私達の「どまつり」をもっと楽しく 素晴らしいものに創り上げていこうではありませんか。
一人でも多くの方のご参加を、東三河ブロックスタッフ一同心からお待ちしております。

東三河ブロック長  吉川 弘次


開催日時

平成22年1月16日(土)~17日(日) 1泊2日 開場11時30分 / 開会12時30分

主催

にっぽんど真ん中祭り参加者連絡会議 ブロック長会

主管

にっぽんど真ん中祭り参加者連絡会議 東三河ブロック

協力

財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団

会場

旅館 鈴岡 イメージ

※ 会場が変更になりました。

三谷温泉 「松風園」

三谷温泉「松風園」
住所:愛知県蒲郡市三谷町鳶欠14-4
URL: http://www.shofuen.jp/

アクセス
JR東海道線「名古屋」駅(快速:約50分)⇒JR「三河三谷」駅
JR東海道線「豊橋」駅(快速:約10分)⇒JR「三河三谷」駅

※以前に旅館の最寄駅からの無料送迎バスをお申し込みの方は、「三河三谷」駅からの無料送迎バスをご用意します。


駐車場のご案内



スケジュール

月 日 時間 内容 場所
1月16日(土) 11:30~12:30 受付 ロビー
12:30~13:00 開会式 コンベンションホール
13:00~14:00 講演会 コンベンションホール
14:30~17:30 分科会 各部屋 5~7部屋
18:30~20:30 交流会 大宴会場
21:30~ 語らい部屋 3~5部屋
20:40~23:30 入浴等 大浴場
1月17日(日) ~9:00 起床 朝食 大宴会場
9:00~11:00 閉会式 分科会発表 コンベンションホール
第12回参加要項(案)発表 コンベンションホール
11:00~ 解散
~12:00 片付け 各部屋

参加費

お一人 15,000円(税込)

2.講演会・分科会のご案内

講演会

松井 章泰 氏

講師:桜の街の実行委員会 代表  松井 章泰 氏
演題:『桜とどまつりが結ぶ人の輪  ~地域再生プロジェクト~』
【プロフィール】

1971年新城市生まれ。法政大学卒業後、地元の建設会社勤務を経て、2001年に(株)桜坂設計を設立。
建物設計・監理など建築業務から、桜坂グループとして建築許可申請類などの行政書士業務、測量、地目変更など調査士業務、登記関係手続き、建物・税金相談まで、建築関連の総合プロデュースを行い、全国に知られる。
36歳で会社を退き、街おこし活動に専念する。
また、新城市で「100万本の桜 プロジェクト」をキャッチコピーに毎年1000本の桜の植樹や管理に取り組み、市民主導型の街づくり活動を続ける。今年4月に開催の全国さくらシンポジウムでは、当プロジェクトの3年間の活動が評価され、事業発表を予定している。


分科会 ※分科会の内容は変更になる場合があります。

【第1分科会 AED講習】
救急救命士直伝!万全な熱中症対策とは。

炎天下と思えば、方や大雨の中で繰り広げられる"どまつり"。年々、チーム内での体調管理の重要性が取り沙汰されます。自己責任、自己管理で参加する祭りだからこそ、チーム内での万全な対策が必要不可欠です。プロから見た、対策方法とは?さらに、この分科会では日常生活にも役立つ「AED(自動体外式除細動器)」の実践的な使用方法も学びます。
※消耗品実費(当日支払・お一人500円)のご負担を別途いただきます。

【第2分科会 審査】
チームの"活躍"は地域の"自慢"となる。審査の在り方・ポイントとは?

踊り手だけではなく、観客も、マスコミも注目する「審査」。毎年、審査の内容はどまつり合宿の皆さんの前向きな意見を踏まえて進化しています。やはり、受賞するとチームの自信にもつながり、チームの地元の自慢や誇りになります。賞の多様化、審査の方向性、ジュニア大会の在り方など、より進化した審査に!今一度みなさんと一緒に「審査」につて考えましょう。

【第3分科会 マナー】
"マナー"は一人のココロがけから。市民に愛される祭りを目指して!

年を重ねるごとに、社会への影響力も大きくなった"どまつり"。どまつりを開催するうえで好きな人もいれば、嫌いな人もいる。なぜ嫌いになってしまうのか・・・それは、嫌な思い出があるからです。その思い出とは「参加者のマナー違反」。これが市民からの苦情につながっているのです。街中で、地下鉄で、地元での練習時など、あなたのチームでも何か思い当たる節はありませんか?より市民に愛される祭りになるため、皆さんでどまつりマナー制度を考えてみませんか?

【第4分科会 企画立案】
どまつりをとことん!楽しむために。"本祭企画"を考えよう!

1年に1度のどまつり。たった3日間で開催されるどまつり。せっかくだから、とことん楽しみたい!どまつり名物・総踊り、ファイナルシード決定戦の在り方など、たくさんの方が楽しめるように。踊り手側、観客側、運営側の3つの視点を踏まえて、皆さんの意見を出し合い、このどまつり合宿で企画立案をしてみましょう!

【第5分科会 衣装・メイク講座】
祭りに映える、衣装・メイクアップ術公開!

そのヒトフデ、その一色で、印象がガラッと変わる!?プロのメイク術のテクニックを学んで更に鮮やかに、華やかに、あなたの笑顔も劇的に変身しましょう。舞台に映える、配色とは?明日から使える実践的な技術を、分科会内で実演披露します。また、歴代の衣装賞の入賞チームの意見も交えながら、衣装づくりの知恵も公開します。

【第6分科会 演出講座】
個性が光る、もう一工夫!プロの目線でズバッと切るっ!

ステージ構成やパレード構成は、どうやって工夫していますか?なんか、マンネリ化していませんか?踊りと曲だけではなく、トータルで演出することこそ重要なポイントなのです。地域の特性="どまつり性"を活かしながら、演出するには?少人数での効果的な演出方法とは?など、実際のチーム演舞の映像を基に、プロの目から見た"もう一工夫"を伝授します。

【第7分科会 地域活性】
地元発掘!あなたのチームが、地域の元気印◎になる!

あなたの地元の自慢はなんですか?地元には自慢することが何もない。。。そう思っている方、いませんか?そこで・・・地元文化を掘り起こそう!個性=どまつり性を知ることで、今後のチーム運営も変わりますよ。いま、どまつりチームが地域に求められていること。その役割とは?元気な地域をつくるのは、元気な人が必要です。地域のファンを増やすために、実例挙げて幅広い視野から考えます。

平成22年1月16日(土)~17日(日) 蒲郡市/三谷温泉「松風園」

受付1
東三河ブロックスタッフのみなさんで受付準備万端!
開会式
開会式の様子

開会式2
今回の幹事ブロックである、吉川東三河ブロック長からの挨拶。
講演会(1)
講演会/地域活性化をテーマに松井章泰氏の講演。
講演会(2)
講演会/魅力あるお話で熱く語る松井さん。
AED(1)
AED講習/愛知医科大学病院の先生による熱中症対策法を伝授いただきました。
AED(2)
AED講習/ふたり一組になって、AED実習を行いました。
審査(1)
審査/多くの方が参加し、活発な議論が交わされました。
審査(2)
審査/「○・×」を使って、参加者も意思表示しました。
マナー(1)
マナー/市民に愛される祭りを目指して、マナー改善を徹議論!
マナー(2)
マナー/ブロック長が議長となり、意見を取りまとめます。
企画立案1
企画立案/どまつりをとことん!楽しむために。みんなで楽しく議論しました。
企画立案(2)
企画立案/参加者からも積極的に意見を出し合い、面白い企画が生まれました。
衣装・メイク1
衣装・メイク/「瀬戸っ子舞遊」さんの見事な手作り衣装を公開。
衣装・メイク2
衣装・メイク/平松先生の手ほどきによって、メイク実演を行いました!
演出1
演出講座/演出分科会には、最多の90名が参加!
演出(2)
演出講座/実践を兼ね備えた分かりやすい、三浦先生のお話に参加者は聞き入っていました。
地域活性化
地域活性化/あなたのチームが、地域の元気印◎になるためには。各チームから事例を発表。
地域活性化(2)
地域活性化/「鳴海商工会 猩々」の小林さんによる、チーム活動の事例報告。
交流会(1)
交流会/350名の大宴会は圧巻の光景!みなさん楽しくワイワイ交流しました!
交流会(2)
交流会/次回合宿は、岐阜県ブロックで開催予定。永冶岐阜県ブロック長からの締めのご挨拶。
語らい部屋1
夜遅くまで、語らい部屋にて交流は続きました。


閉会式1
閉会式/水野専務理事より第12回チーム参加要項(案)の発表
閉会式(2)
閉会式/閉会式でも「○・×」を使って参加者も意見表示。
東三河ブロック
東三河ブロックスタッフのみなさん、合宿の準備・運営をいただきありがとうございました!
景色
松風園のロビーからの夕日は絶景。

合宿を終えて ―ごあいさつ―

ご参加いただいた皆様へ

「第8回どまつり合宿in東三河」にご参加された350名を超す多くの皆様のご協力のおかげで、1泊2日の合宿が無事終了することができました。東三河ブロック一同深く感謝申しあげます。本当にありがとうございました。
今回の合宿は例年よりちょっと思考を凝らし、東三河の三河湾の美しさ、温泉、大交流会をポイントに考えました。お気に召していただけたでしょうか?
合宿テーマである「踊りが好き、仲間が好き、地域が好き」も充実した7つの分科会にちりばめたつもりです。
なかでも、「仲間が好き」は、大交流会を始め、語らいへ部屋、宿泊ならではの各部屋でのお話で、友好を深めることができたと思います。
私達にとって一番大切なことは、お互いの信頼感、思いやり、強い気持ちのつながりではないでしょうか。合宿を通じてこれらのことを再確認していただけたならば幸いと存じます。そして、この気持ちをもって第12回にっぽんど真ん中祭りを盛り上げていきましょう!

平成22年1月吉日
にっぽんど真ん中祭り参加者連絡会議
東三河ブロック長 吉川 弘次

このページの先頭へ