賛助会員入会のお願い

ご挨拶

理事長 岡田邦彦

 「にっぽんど真ん中祭り」は1999年の初開催以来、多くの方々のご参加とご協力を得て、その規模を年々拡大しております。2011年の「第13回にっぽんど真ん中祭り」では、国内外から20,000人の参加者と約200万人の観客を集め、名古屋及び東海エリアを代表する祭りのひとつとして定着しようとしています。


若い力が結集し若者が創る祭りとして愛され親しまれるだけでなく、その枠を超え、より広い年代層、地域へと予想以上の広がりと影響を与え始めております。これは市民による民主的な運営、とりわけ学生を中心とした若い世代の積極的な参加が、地域社会において幅広い共感を得たからといえましょう。ひたむきな情熱と柔軟な思考、そして果敢な行動力をもった若い世代が開催するこの祭りは、新しい文化として、今後さらに発展していく可能性を秘めております。


 「にっぽんど真ん中祭り」は2007年春以降、愛知県知事の許可による財団法人として運営してまいりましたが、この度、行政庁の認定を受け、公益財団法人へ改組させていただきました。この祭り文化が地域の公益財産としてさらに大きく成長し、皆様の期待に応えていくことが私たちの使命であると感じています。


地域文化の新たな創造や情報発信に大きな役割が期待される「にっぽんど真ん中祭り」を、さらに育てていくためにも、ぜひ多くの方々のご支援をいただきたく、ここにお願い申し上げます。この祭りがもつ大きな可能性に、皆様のご理解とご協力を寄せていただければと、心より願っております。


公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団


このページの先頭へ